LGBT

「同性のカップルが結婚できないのは憲法違反」札幌で画期的な違憲判決!(水谷陽子 弁護士)

2021年3月17日 札幌での実質勝訴

同性カップルの婚姻の実現を求める「結婚の自由をすべての人に」訴訟は、3月17日、北海道訴訟で全国初の判決を迎えました。
札幌地裁は、同性どうしの結婚ができない民法と戸籍法の規定は憲法14条の法の下の平等に違反すると判断しました。

司法判断を軽んじる政府

しかしながら、政府は、札幌判決を受けてもなお、「婚姻に関する民法の規定が憲法に反するものとは考えていない」との立場を表明し、法改正に向けた検討等の具体的な動きを示していません。
一方で、札幌判決を受けた緊急院内集会を開催したところ、与党議員からの参加や賛同メッセージも増え、司法以外の場でも少しずつ前進していることを感じています。

全国で札幌に続くために

私は、愛知訴訟と東京訴訟の弁護団を兼務しています。
札幌判決後に全国で初めて弁論期日が実施されたのは愛知訴訟でした。私は、法廷で「この訴訟での国の不誠実な主張や訴訟態度は、原告だけでなく社会の中の偏見や差別に傷ついてきた多くの性的マイノリティを再び傷つけている」と指摘し、札幌判決の内容を争うのかどうか明らかにするよう国に迫りましたが、期日での返答はありませんでした。

また、東点訴訟では長らく原告本人尋間の実施を裁判所に拒まれていましたが、ようやく実施が決まりました。勝訴が続くよう頑張ります!

この記事の担当者

水谷 陽子
水谷 陽子
「弁護士に相談する=訴訟をする」ではありません。ハードルを高く考えず、お気軽にご相談ください。

まず相談することで、こちらからアクションを起こすべき状況かどうか、急いで動く必要があるのか、ご自身で対応できることか弁護士をつけるのが望ましいかなど、見通しを整理していきます。一人でトラブルを向き合っているとしんどくなってしまいますが、弁護士と一緒にトラブルの全体像を整理できると、それだけでもきっと安心を得られると思います。

ストレスで体調を崩したり、取り返しのつかない被害が出る前に、一度お話しに来てください。

【相談無料】法律のことについて、身近に相談できる人はいますか? 名古屋法律事務所では、弁護士による無料法律相談会を毎月実施しています。詳しくはこちら

名古屋法律事務所への法律相談・お問い合わせは

名古屋駅052-451-7746 みなと事務所052-659-7020 受付時間:月〜金 9:00~17:30

土曜日・夜間の相談ご予約OK

相談予約・お問い合わせ