刑事・少年事件

  • 「家族が逮捕されてしまったが、何をしてあげればよいのか分からない」
  • 「突然、警察から呼び出されたのですが行かなければダメでしょうか」
  • 「うちの子が警察に捕まったとの連絡が」
  • 「犯罪に巻き込まれたので、犯人を告訴したい」

他人事だと思っていた犯罪に突然巻き込まれてしまう。これは、被害者だけでなく、刑事事件の加害者側の場合もあります。

そんなときに皆さんのお力になれるのが弁護士です。どうしたらいいのか分からないとお悩みであれば、まずは弁護士に相談してみませんか。

ご家族が逮捕されてしまったら

弁護士による「接見」

警察に「逮捕」された場合、最長72時間、身体拘束されてしまいます。さらに捜査を続けるために、最長20日間も身体拘束される「勾留」が続けて行われることが一般的です。

逮捕・勾留の場合、ご家族などとの面会できる場合もありますが、面会を禁止されることもありますし、面会が出来ても非常に短い時間しか面会できません。

逮捕・勾留されたときでも、弁護士であれば、原則として自由に面会をしたり、差入をしたりすることができます。これを「接見」といいます。

この接見で、詳しい事情を聞き、無罪を争うための準備をしたり、早期に釈放されるよう活動するなど、弁護士が逮捕・勾留されている被疑者を全力で支えます。

早期の接見が重要です

無罪を争う場合、早期に弁護士が接見を行うことが非常に重要です。

警察や検察は、有罪にするための証拠として「取調」の結果をまとめた「供述調書」を重視しますが、これは、逮捕・勾留中に作成されます。

しかし、人間は、やってもいない事件であっても、捜査側の強引な取り調べにより精神的に追い込まれ自白をしてしまうことがあります。その結果、自白をまとめた供述調書を証拠に有罪とされてしまうことがあります。これを防ぐには、早期に弁護士が接見を行い、動揺する被疑者を安心させ、必要な法的アドバイスを行うことなどが極めて重要です。

また、無罪を争う事件でなくとも、早期の釈放のためには、弁護士が早期に接見を行い、被害者との示談などをすることが欠かせません。

ご家族などが逮捕されたとの連絡があった場合、すぐに当事務所にご相談下さい。

起訴された場合

勾留をされていた事件について「起訴」をされてしまった場合、そのまま裁判が終わるまで勾留が続いてしまいます。この起訴後も続く勾留から解放させるために、「保釈」を求めていくことになります。

そして、起訴された以上、裁判で有罪・無罪、有罪の場合の刑の重さを争うことになります。

警察・検察から呼び出しが・・・

警察・検察は、被疑者でも、逮捕せずに聴取を行うことがあります。警察署や検察庁から呼び出しがあっても、慌てずに当事務所にご相談下さい。

たとえば、もし警察の聴取を受ける場合でも、事前に弁護士から法的な説明を受けておくことで、不利な供述調書を作成させないようにするなど、身を守ることができます。

思わぬ事が犯罪に

普段の生活でも、事業でも、思ってもみなかったことが犯罪となってしまうことがあります。

問題ないと思っていたことで、取り返しのつかないことになる前に、弁護士に相談することをお勧めいたします。

少年事件

また、当事務所は、未成年の犯罪事件である少年事件についてのご相談もお受けいたします。

少年事件は、成人の刑事事件と異なり、処罰ではなく少年の更正・矯正を目的にした手続です。当事務所では、その少年の将来にとってどのような処遇がもっとも適当かを弁護士として真剣に考え、少年の「付添人」としての活動を行います。また、少年事件でも冤罪の問題はあります。

当事務所の弁護士は、少年自身やご家族・親族、周囲の人々と一緒に、少年の抱える悩みや問題点を解消していくことを目指します。

犯罪被害者支援

犯罪の被害者となってしまった場合、加害者に対する刑事告訴や刑事告発、損害賠償請求など犯罪被害者の権利に関するご相談もお受けいたします。

名古屋法律事務所への法律相談・お問い合わせは

名古屋駅052-451-7746 みなと事務所052-659-7020 受付時間:月〜金 9:00~18:00

土曜日・夜間の相談ご予約OK

相談予約・お問い合わせ